千葉・内房の堤防で青物を狙う~8月24日の釣り VOL.3

夕まずめ前に水深のある堤防で青物を狙う

青物を求めて、内房へ

8月24日、館山でのアジやシロギス釣りを楽しんだ後、内房の堤防で青物釣りをしました。

夕まずめの時間に合わせて目的の堤防へ。
といっても、一番の候補に考えていた釣り場はすでに先行者が2人いたので、さらに移動して2番目の候補地で釣りをすることになりました。

内房の堤防

2番手といえど、その釣り場周辺にも最近イワシが活発に入ってきているとの事前情報(某船宿さんから)があり、ならばイケるかもしれないと期待しての釣行です。

釣りのスタイルはカゴ釣り。

ウキは12号のカゴウキ。遠投用の磯竿と遠投リール。

カゴ釣りのタックル

まきエサはアミエビ&オキアミ&配合エサを少々。
つけエサはオキアミ(Lサイズ&2Lサイズ)。

つけエサのオキアミ

今回の仕掛けは1本バリで、やや大きめのグレ用の8号ハリ。

食いが悪い場合は、オキアミを房掛けにしてアピールしようかなとの目論みにより、大きめのハリを使用。
その他にカゴ釣り用のサビキもいくつか用意。

薄暗くなる前にコマセを打ち始める。
沖めを狙うのでカゴに詰めて手返しよく投げ続けるしかない。

いきなり釣れることはないから、じっくり海の変化を見て行きながら、マシーンのように仕掛けを打ち返していく。

ずいぶん日が短くなってきたなぁ、これでもう少し気温が下がってくれたら秋をもっと感じられるのになぁ、なんて思いながら魚が来てくれることを願って待つ。

その時が来ました!

まだ明るさの残っていた午後5時半くらい。
その時点で釣れたのは、25センチほどのコノシロが2匹のみ(リリース)。

コマセが効き始めたポイント付近にイワシが群がっている様子もない。

潮がきいていないのかもしれない。

こういう時は、カゴを閉じ気味にして、コマセを少しずつポロポロと出るようにして、コマセとつけエサが同調する時間をより長くとった方がいいと外房のカゴ釣り師さんに聞いたことを思い出した。

早速、実践。しばらく仕掛けも入れっぱなしにして流してみる。

・・・アタリはない。

やはりキビシイのかな、と思い始めた矢先・・・竿がグッと曲がって強い引きがあった。

海を見るとウキの姿が見えない。

あわてて竿をシャクリ上げて、合わせてみる。
そして、魚の強い引きに負けずにリールをまく。

グイングインと左右に泳いで抵抗する魚をやっとの思いで引き寄せる。

シマアジ? これこそ、シマアジか?

海面に見えた魚をタモ網ですくうときにそう思ったけど、実際はショゴでした。

釣れたショゴ

大きさは30センチくらい。グッドなサイズ。

しばらくぶりに釣れた本命の青物シリーズ。
「よし!」という気持ち。

釣れたタナは2ヒロくらいだったので、そのタナで続ける。
雰囲気は出て来たし、青物ボウズは回避できたので、とにかく攻めるのみ。

その後、10分くらいして、今度はウキの奥でバシャンと魚が跳ねるのが見えた。

竿を立てると、すでに魚がかかっている。
1匹めと同じような強い引き。負けずにリールをまく。

1匹めより強引に引き寄せる。

すると、またショゴ。ほぼ同じくらいの大きさ。

釣れたショゴ

アドレナリンが止まらなくなる。

すぐに仕掛けを投入。1秒もムダにしたくない。

たぶん、その5分後くらい。

カコーンと竿が曲がって、いきなり引きを感じる。
左右に動いたり、沖に向かったり、と魚の動きに仕掛けを持って行かれそうになる。

夢中でリールをまいて魚を寄せようとするけど、なかなか寄せられない。
7~8メートルくらい右手にいた釣り師さんの仕掛けとオマツリしないか心配になり、最後は強引に、かなり強引に寄せて・・・

強い引きだったので、イナダかと思ったけど、ワカシのサイズでした。

釣れたワカシ

もう一つの本命魚だったので、うれしい。

ほんの20分ほどでバタバタとショゴとワカシが釣れたので、まだまだイケると思って続行。

基本的に同じタナで続けていたけど、だんだん薄暗さが増してきたので、表層付近までタナを上げたり、やや手前にポイントを変えたりしてみたが・・・その後はまったくアタリがなくなってしまった。

午後7時。
釣り場がすっかり暗くなり、納竿。

釣れたショゴとワカシ

この日の青物釣りの釣果

釣れたショゴとワカシ

ショゴ2匹、ワカシ1匹。

ちなみに・・・この日の夕方、釣り座の足元の少し沖(10メートルくらい沖)に細長い魚の群れが見えました。

足元近くまで来て、速く泳ぐ魚だったのでサバかなと思ったけど、細長い魚体だったから、もしかしたらカマスだったのかもしれない。

毎日ものすごい暑さだけど、カマスが現れたということは・・・やっぱり海は確実に秋に近づいているようですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする