シロギス釣り~千葉・南房総の小さなサーフ(7月13の釣り VOL.3)

キス釣り(投げ釣り)~南房総の小さなサーフにて

小さなサーフにキスはいるだろうか?

2021年7月13日の午後は、南房総市内のサーフでシロギス狙いの釣りをしてきました。
今回はその時の投げ釣りに関するレポートです。


この日は朝マズメに堤防でアジと青物狙いの釣りをした後、移動して午前中~昼過ぎまでの時間、別の堤防でキスのチョイ投げ釣り。

そして、休憩をはさみながら館山市内や南房総市内の磯やサーフなどの各釣り場の海の様子を見て回り、結局午後から夕方までの時間もキス釣りをすることに決定。

午後の投げ釣りをする場所として選んだのは南房総市内の小さなサーフ。

南房総市のサーフ

何度も車ですぐ目の前を通ってきたけど、竿を出すのは初めて。いつも気になっていた場所。

波も穏やかだし、潮の濁りもきつくない。

午前中に堤防でシロギスの釣果が少しあったので、気楽な気持ちで釣り開始。

南房総市内のサーフ

始めた時間は、干潮から2時間くらい経っていて、ちょうど潮が上げてくる時間帯。

少しずつ潮が上げてくるとはいえ、遠浅の海だろうから、かなり遠投する必要があるかなと気合を入れなおして投げる。

すると、いきなり1投目からアタリ。

釣れたシロギス

あまり期待していなかったので、少し意外。20センチくらいのなかなかのサイズのシロギス。

自分なりに遠投したつもりだったけど、沖ではなく、実際にキスがアタってきたのはいわゆる2色の距離。
この距離でアタリが出るなら、手返しも早いし、数釣りが楽しめるかなと期待がでてくる。

ほぼ同じポイントで釣れる。

釣れたシロギス

だいたい15センチ~20センチの型が多い。

釣れたシロギス

大きくはないけど、それなりに引きがあるので、けっこう楽しい。

途中で釣れなくなることもあったけど、さらに遠投して沖を探ってみたり、左右に移動してキスのいる場所を見つけながら釣りを続けていく。

沖に向かって右側の岩礁帯近くの場所や波打ち際に近い場所など、フグの多いポイントもあったけど、エサがなくなるまでの2時間くらいたっぷりとキス釣りを楽しむことができた。

エサと時間があれば、この小さなサーフでもけっこう数を伸ばすことができたかもしれない。

たまたま群れがいてくれたから釣れたのだけど、意外な発見があって楽しかった。

午後のシロギス釣りの釣果

釣れたシロギス

シロギス 20匹。

この日のキスの釣果(午前の堤防と午後のサーフの合計)

釣れたシロギス

33匹。

まったく釣れないこともあるけど、たまに短時間で釣果に恵まれることもあるのが釣りの楽しいところ。

 

<関連記事>

  1. シロギス釣り(5月中旬の南房)~千葉・館山の小さなサーフ
  2. シロギス釣り(千葉・南房・館山)~4月のキス釣り