浦安高洲海浜公園でサヨリ釣り 再チャレンジ!

サヨリの大漁を狙って、レッツ・ぎょー!

令和初日の5月1日、当初の予定が変わって一人で浦安の海浜公園でサヨリ釣りに行くことになりました。

前回は、ボウズ! 今回は前回の反省点を踏まえてリベンジを図るべく再度チャレンジしてきました。

ただし、潮回りと時間帯については、やはり諸事情により前回の教訓を生かせず。
ほぼソコリに近い下げ潮からのスタート。しかも昨夜仕事が終わらず、朝も起きられず。
釣り開始は、朝マズメどころか、結局午前9時の開始という状況でしたが・・・

まず、エサ!

今回はイカの切り身とジャリメ。

こちらがイカ↓↓ 自宅で食べたイカそうめんを少し残して利用。

イカの切り身エサ

そして、こちらが途中に寄った福弘釣具店さんで購入したジャリメ。イキのいいジャリメが、たっぷり入って600円。

ジャリメ

いざ、釣り場へ

釣り場到着。釣り師10人くらい。

浦安の釣り場の雰囲気

しーん・・・釣れている雰囲気なし。
今の季節はたくさん釣れるわけではないらしいので仕方なし。自分のベストを尽くすのみ。

今回は遠投磯竿と福弘釣具店さんオリジナル爆釣サヨリウキ5号で釣り開始。

風は北より。微風。海はナギ状態。

朝の海の状態

イカ、ジャリメと交互につけエサを変え、とにかく手返し良く仕掛けを投入。

風もなく、潮も止まっている時間のせいかウキが流れず。

ウキ動かず

釣れる気配なし。ときおり魚が飛び跳ねるも・・・それはボラ。

途中で何人かの釣り師たちが話しかけてくる。
みんな一様に「アタリがない」の一言。

風向きが変わり、潮が動き、雰囲気が出てきた・・・けど。

午前11時半ごろ、風向きが南よりに変わった。すずしくて気持ちいい。
すると、その後少しずつ波が出てきて、ウキも潮のアゲに反応し始めたかのように、左に寄り始める。

かすかに、何かが起きる気配。海の動きを感じる。

でも・・・変わらず。

そのうち、一人また一人と釣り師さんたちが去っていく。

午後3時。満潮。アタリなし。

粘ったけど、万事休す。夕方、家で仕事があるので無念の納竿。

帰り際に毎年春と秋にサヨリ釣りにここに来るという釣り師さんと話すと、
「もう今シーズンのサヨリは終わりかな。今年はダメだったねぇ」と。

今年は1月の下旬から外房、南房とサヨリ釣りをして、去年とは全く違うというのは分かっていたけど、浦安でもその言葉を聞くとは・・・

自然が相手だから仕方ないけど、残念。

こちらが帰るときの釣り場の様子↓↓ 皆さん、ゆったりしています。

釣り場の様子

またしても、浦安サヨリはボウズでした。
今回は一度のアタリもなかったので、コンプリートボウズ、でした。

くやしいな。もう一回やりたいな。
今度は秋かな。チャンスがあれば・・・再チャレンジしたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする