ルアー釣りの専門店「マニアックス」訪問!

ルアー専門店、「マニアックス」へ

さすが専門店。ものすごい数のルアー!

釣りに行けないと、釣具店に行きたくなる。

仕事では、いつもクルマを使っているのですが、幹線道路を走っていると「上州屋」とか「キャスティング」とか「タックルベリー」の前を通るとつい寄りたくなります。

最近ネットでルアーの専門店が足立区にあると知ったので、行ってみたいなと思っていたのですが、たまたま6月26日に川口市に仕事で行くことになり、帰りに寄ってきました。

こちらが、そのお店「マニアックス」↓↓

マニアックス

マニアックス

店内に入ると、さすが専門店。
たくさんのルアー。そして、ルアー釣りに特化したタックルや周辺道具がいっぱい。

マニアックス店内

マニアックス店内

新品だけでなく、中古ルアーも豊富な品揃え↓↓

マニアックス店内

ショアジギング!?

一通りお店の中を見学していると、一人の店員さんが「どんな釣りをされるんですか?」と訊いてきたので、
「今までエサ釣りばかりで、ルアーはあまりやったことがなくて。でも、たまたま先月房総で小さいショゴを釣ったら、ルアー釣りもしてみたくなったんですよ」と僕。

「よく房総に行かれるんですか?」「船ではなく、陸っぱりですか?」「どんな魚を釣りたいんですか?」といろいろ質問を受けたので、一通り答える。

すると、「なるほど。つまり、お客さんが興味をお持ちなのはショアジギングですね?」という返答が・・・

ショアジギング!

その言葉は聞いたことがある。自分がどういうスタイルのルアー釣りをしたいのかよく分からなかったけど、その言葉を聞いてピーンときた。

そうか。ショアジギングか!

そして、
「サーフからもやることを想定しているなら、ロッドは10フィート前後くらい。リールは4000番くらいがいいですよ」
「房総は水深があまりないから、陸っぱりからのルアーなら、20グラム~40グラムのメタルジグから始めてみてはいかがですか?」
「ラインは1.5号~2号で、リーダーは30ポンドくらいのものを半ピロくらい結ぶといいんじゃないですか?」

と、何も分からない僕に丁寧に説明してくれました。

ロッドのサイズにフィートとか、メタルジグとか、ラインのポンドとか、なじみのない言葉に半分チンプンカンプンながら、僕は必死に店員さんの話をノートにメモ。

そして、ルアー選びについてもアドバイスをもらいました。

店員さんの話では、

「同じメーカーのルアーで、違うサイズのものをそろえて使ってみると、投げた時の距離や巻いた時の動きの違いがつかめるようになるので、腕も上達しますよ」とのことでした。

購入したルアー↓↓

購入したルアー

僕が持っているルアー用のロッドといえば、以前衝動買いしたメバリングロッドのみ。
つまり、ショアジギング用のロッドやリールも持っていないけど、いろいろ見ていたら、とりあえずルアーがほしくなって買っちゃいました。

また、同じ大きさや形状のルアーをそろえるとき、オーソドックスな色と派手めの色の2色をセットで持っていると対応しやすいとのアドバイスもいただきました。

最後に「ルアーには正解がない。意外な場所で、意外なルアーで意外な魚が釣れることがあります。とにかく経験値を広げて自分にしか分からないルアー釣りのスタイルを作っていく。それがルアーのおもしろさですよ」という言葉が印象的でした。

中古のルアーも少し購入↓↓

購入したルアー

お店の紹介

アングラーズショップ 「マニアックス」

東京都足立区加賀1-19-6

TEL 03-6807-1191

営業時間 AM11:00~PM10:00(日曜日はPM9:00まで)

マニアックス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする