浦安 高洲海浜公園 釣り場視察

7月3日の浦安 高洲海浜公園の釣り場状況

釣りができないので、せめて視察でも・・・

7月3日、仕事で新浦安の高層マンションに行ったので、次の現場への移動時間の合い間に高洲海浜公園をちょっと視察してきました。

タコが釣れているというウワサを聞いたし、シロギスもいい時期だし、それから青潮の心配があるという話も聞いていたので、それらを確認しようかなと思って。

現場に着いたのは午前11時40分くらい。

かなり釣り人がいます。

画像は中央より左側↓↓

高洲海浜公園

こちらは右側↓↓

高洲海浜公園

高洲海浜公園

広い護岸にだいたい20人くらい。皆さん、それぞれ釣りを楽しんでいる様子。

仕掛けを拝見するに、シロギス狙いの人とタコ狙いの人。

シロギス狙いの人は、オーソドックスなテンビンとナスおもりをつけた人やジェットテンビンを使った人。エサはジャリメ。

そして、タコが釣れているというウワサはあったけど、実際にポツポツと釣れている様子。

タコエギで狙っているようです。

ちょうど見学しているところへ年配の釣り師が「さあ、釣るぞ!」と気合十分な感じで釣り場に来たので、話しかけてみると・・・

「昨日はイマイチだったけど、今日は夕方前に時合いがあるんじゃないかな。当たりの日には15ハイくらい釣れているよ。型はそんなに大きくないけどね」とのこと。

とても楽しそうに話してくれました。たしかに、15ハイも釣れたら楽しいだろうな。

ちなみに、青潮の心配はもうなさそうですね。

高洲海浜公園

高洲海浜公園

タコをたくさん釣る人のタックルとは・・・

そのあと、もう一人の釣り師に話を聞かせていただきました。

先週、1日でタコを30ハイくらい釣ったということでした。先週に比べると勢いがないかな、ということでしたが、この日もすでに8ハイくらい釣りあげたとのこと。

参考までに、その人のタックルを見せていただきました。

ロッドは、シマノのソルティーアドバンス(エギングタイプ)。

リールは4000番で、PEの1.5号のラインを巻き、リーダーには30ポンドのフロロカーボンを使っているとのこと。

エギは・・・20~25号くらいのモノを使用。

いかにも釣る人のタックルらしく、洗練された印象を受けました。

とくにルアー釣りを本格的にしたことがない僕にとっては、本当に参考になるお話でした。

シロギスについては・・・キスの仕掛けで狙っている人(時間がなくて、一人だけしか聞けていない)に話を聞いた限り、「釣れる日はツヌケ(10匹以上)くらいは釣れるけど、今日は今のところダメっぽい」とのこと。

まあ、視察していた時間がちょうど干潮の時だったから仕方ないと思う。
きっと夕方の満潮に向けて潮が動くころに釣れるんじゃないかな。
少なくとも、シロギス狙いの人は時合いが来るまでガマンの釣りという感じでした。

それにしても、見て歩いていると本当に皆さんがうらやましい!!

来週には、釣りに行きたいな。休みが取れたら、次回は外房に行くつもりなんだけど・・・

高洲海浜公園

そんなわけで、高洲海浜公園はシロギス、タコともにぼちぼちの様子。狙うにはやっぱり朝か夕方のマズメ時がよさそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする