千葉・南房総でキス釣り~千倉のサーフと堤防にて

千倉で、シロギスの投げ釣り

予定通りにならない釣り。

9月14日、午後から南房総へ釣りに行きました。

まず、昼から午後にかけてはシロギス狙いの釣り。
その後、夕方前に磯に入って青物狙いのカゴ釣りという計画。

さっそく、お昼過ぎに千倉町のサーフに到着。
ここで、釣り歩きながらシロギスの数釣りをしていこうという目論み。

ところが・・・あれ?

千倉町のサーフ

事前の予報より波が高い。大シケではないけど、多少シケている雰囲気。

これは、キビシイかも・・・始める前から頭の中に暗雲が漂う。

実は、この釣り場は今日のキス釣りで一番のメインに考えていたところ。

このサーフには、ちょうどキスが身を隠しながらエサを捕食できるような、岩礁に囲まれた砂地も多く、また近くには岩礁と同じ役割をするテトラ堤防もあるので、「潮が落ち着いているなら、絶対釣れる!」と意気込んで来たのです。

それなのに、予定外のシケ。

砂浜には海藻がたくさん打ち上げられている。
潮も濁りがある。キツい濁りではないけど、澄み潮ではない。

うーん、どうしよう。・・・でも、やってみなきゃ分からない。

ということで、とりあえず釣り開始。

しかし、3回投げると2回は海藻が引っかかってくる。
たまに魚が釣れるといっても、それはフグ。

一度、プルプルっとアタリがあり、シロギスだろうと喜び勇んで引いてくると最後に海藻にからまって、魚はバラしてしまうという有様。

仕方なく、テトラ堤防を挟んで逆のサーフへ移動。

千倉町のサーフ

コチラのサーフの沖の方は若干波が落ち着いているように見えたので、キスはみんなこの沖のエリアにいるはずだ、と気合を入れなおして仕掛けを遠投する。

でも・・・ダメ! 状況は変わらない。

このエリアのサーフで釣れないということは考えていなくて、ガックリ。

波がこれだけ高いなら、サーフは無理だろうということで、堤防に行くことにしました。

水深のある漁港で、キス釣り!

さて、次の釣り場へ到着。場所は千倉港。ここはかなり水深のある港。

千倉港

水深があるのだから、外洋の波高もさほど影響を受けないだろうと思ってきたが、案の定この時点では海のざわつきは、さほどではない。

早速、船道回りを中心に攻める。

何度か投げると、プルプルっとアタリ。

釣れたシロギス

シロギス! まあまあの型。

同じポイントを中心に攻めていくと、少しずつ釣れる。

釣れたシロギス

ところが、その後アタリが遠のいてしまったので堤防内を釣り歩くことにする。

でも、なぜかベラばかりが釣れる。

ようやくアタリがあったと思ったら、ハゼの2連。

釣れたハゼ

我が家ではハゼの評判がいいので、小さめだったけどキープ。

この後、なかなか釣れない時間が続く。
堤防の中をくまなく投げたけど、その後はキス1匹とハゼ1匹を追加するのが精一杯でした。

気が付けば、堤防の中も波が高くなってきている。

波の高い堤防

その波と少しキツくなってきた濁りを見て、キス釣りの継続を断念。

午後3時ごろ、少し早めだったけど、次の釣り場へ向かうために納竿。

キス狙いの投げ釣りの釣果

シロギスの釣果

シロギス4匹&ハゼ3匹。

イマイチ・・・でしたね。

でも、きちんと時間をかけて狙えば堤防でも数は稼げるのかなという手応えも多少あり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする