釣りを趣味として始めることになったのは・・・

息子が、僕と釣りを結びつけてくれた。

キッカケは夏のキャンプ場でのニジマス釣り

釣りと元号はあまり関係ないかもしれないけれど、新元号も「令和」に決定し、平成時代も残すところあと1か月。平成時代に大学を卒業し、就職、結婚、その後会社を退職、そして友人との事業設立のち解散、単独にて商売開始、苦しい自転車操業、息子誕生、マイホーム購入、など本当に僕にとっても激動の時代だったような気がします。

その中でも一番の転機は息子の誕生。それまで、どこかふわーっとしていた僕が多少なりとも変わることになったのは間違いないと思う。

そして、その息子が、僕に釣りという趣味をもたらしてくれたと言ってもいい。
数年前家族で行った夏のキャンプ旅行。その場所にたまたまあったニジマス釣り堀池の前で、息子が「釣りをしてみたい」とぽつり。その時の楽しい体験、それが、親子で釣りを始めるキッカケでした。

つまり、たまたまキャンプ場に釣り堀池がなければ、そこで息子が釣りをしたいと言わなければ、僕は今でも釣りをしていなかったかもしれない・・・人生何がキッカケになってどう変わるか分からないものですね。面倒くさがり屋の僕だったけど、息子のおかげで「よく分からないけど、まず、やってみよう」と、楽な気持ちでいろいろ挑戦できるようになったかな。ま、そのぶん失敗も多いけど・・

それ以来、月に1~2度くらいのペースで、房総半島に息子と通うようになって。
初めは延べ竿でのアジ釣りから挑戦。ボウズの連続。フグしか釣れない日々。徐々に知識と経験を重ねて、いろいろな魚をチョロチョロ釣れるようになったけど、もっとたくさんの魚を釣りたい、もっと大きな魚を釣りたいと細々と奮闘しています。

現在中学1年生の息子は春休みの真っただ中。部活や塾、友達との遊び、スマホいじりで毎日忙しそうで、僕の中学時代とはエライ違いだなと思うことばかり。
そんな息子と春休み最後の7日(日)に釣りに行くことになりました。そして、以前から彼が穴釣りをやりたいと言っていたので、当日はそれを実行しようということに。

4月7日のターゲットはカサゴ&メバル&シロギス

穴釣りの研究のために、最近こんな雑誌をネットで買いました。

「根魚 爆釣攻略Ⅳ」~コスミック出版

根魚雑誌

この本は、主にルアーで根魚を釣る方法についての内容だけど、僕はエサを付けた穴釣りで狙う予定です。それでも、狙いめのポイントや時間帯についての解説はそれなりに参考になりました。また、DVDが付いているので、釣りのイメージもつかみやすい。根魚釣り、とくにルアーで狙ってみたい人には、おすすめの本です。

僕は、いつもそうだけど、こういう本を読むと、自分にも簡単に大きな魚が釣れちゃうような気がしてくるから不思議。・・・実際は、釣りの本ばっかり増えて、ちっともウデがあがっていないような気がするけど。

ちなみに、4月7日は、根魚の中でも時期的に狙いやすそうなカサゴとメバルをターゲットにするつもり。それと、そろそろシロギスも狙えそうなので、準備をしようと思います。

次回は、4月3日に釣行決定。

そして、なんと4月3日に仕事に行く予定だったお客さんからドタキャンの電話が入ったので、一人で視察がてら釣りに行くことにしました。といっても、朝イチと夜に所要があるため、短時間の強行スケジュール。あまり計画を立てる時間もないので、とりあえず息子と行く7日の釣りのための下見(根魚のいそうな南房総の岩礁帯の視察)をかねた釣りにする予定。

と、いうことで、こんな本を図書館で借りてきました。

「空撮 房総半島釣り場ガイド」~コスミック出版

釣り場ガイドブック

いつもそうだけど、こういうガイドブックを見ていると、簡単に説明通りの場所で説明通りの魚が釣れそうな気がするから不思議。・・・ま、実際に行くとボウズかもしれないけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする