沖釣り~勝浦の釣り船「勝丸」にて(前編・サバ)

親切な若船長さんの船で、サバ&イカ釣りを楽しむ①

早朝から良型のサバが入れ食い!

3月24日、勝浦港から出船する船に乗って沖釣りをしてきました。

今回お世話になったのは「勝丸」さん。親子で船宿を営んでおられる。

「勝丸」にて出船

釣りのプランは「サバとヤリイカのリレー船」。

午前5時半。予定より少し早めの5時15分ごろ出船。

「勝丸」にて出船

20~30分ほど航海して、まずはサバのポイントに到着。

2.4メートルの竿に電動リールを合わせて使う。

仕掛けはフラッシャーサビキ(8本バリ)。

サバ釣りの仕掛け

一番下につけるオモリは150号。

ポイントに着くと、船長からタナの指示が出る。
この日は水深150~160メートルくらいが多かった。

実際は、そのポイントに到達する前から(浅めのタナで)どんどんアタリが出始める。

サバの活性が非常に高い。ほぼ8本バリにすべてサバがかかってくる。

釣れたサバ

いかに食わせるかというよりも、いかに魚をスムーズに取り込めるかがキモになる。

仕掛けを回収すると、どんどんサバが上がってくるので、釣りをしているというより漁に出ているような、漁師さんになったような感覚。

船の中でもバンバンとサバが上がっている。

「いけー! それー! どんどん上げろー!」

そんな声が自分の心の中から聞こえてくるような感じで、とにかく夢中になって釣りに没頭。

しばらくして、ふとクーラーボックスを見るとすでに十分な数のサバが入っている。

釣れたサバ

この時点でサバ釣りの時間帯はまだ続いていたけど、あまりたくさん釣り過ぎても食べきれないなと思い、サバ釣りを停止。この後のイカ釣りに備えることにしました。

ちなみに、仕掛けについてはハリス(6号)、モトス(8号)ともに太めだったので、サバが暴れて仕掛けが絡んでしまってもほどくのはさほど難しくなかった。

今回のように1~2時間程度のサバ釣りであれば、多くても2~3個の仕掛けを持って行けば充分だと思いました。

それから「勝丸」さんの若船長(この日は実質的に息子さんがすべて仕切っていた)は、若いのにとても落ち着いていて、親切で物腰が柔らかく、釣り客の気持ちを汲みつつ先回りして対応してくださったので、本当に気持ちよく釣りができました。

この後、船はヤリイカ狙いへと続いていきます。このイカ釣りのときにも若船長にいろいろとお世話になることになりました。

この日のサバ釣りの釣果

サバ40匹くらい(実質30分~40分ほどでの釣果)。

大きさは30センチ~40センチ。

釣れたサバ

サバ釣りの時間に目一杯釣りを続け、さらにこの後のイカ釣りのときにかかったサバをリリースしなければ、もしかしたら100匹くらいになっていたかもしれません。

そのくらい勝浦沖のサバは数・活性とも物凄い状況でした。

この日釣り上げたサバは、味噌煮、干物、竜田揚げなどでいただく予定。

サバは本当にうまい魚なので、楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする