南房総の釣り。富浦は3月もアジ好調。カマス・シロギス・クロダイ・ヒラメも。

富浦新港当日の様子

釣行 3月15日  小潮  

満潮:午前9時30分ごろ

快晴のち午後うす曇り  風(北寄り):弱め 

波:ナギ~弱めの波

3月15日の房総釣りレポート第二弾(午後の部 内房 at富浦新港)

ホームグラウンド 富浦新港へ

午前中千倉でサヨリが釣れたので、午後は僕にとってのホームグラウンドのひとつである富浦新港へ。午後2時ごろ到着。

今年の正月休みに息子と二人でここに来たとき、朝からずっとアジが入れ食い状態でした。150匹くらい釣ったので、まだ、自宅の冷凍庫にはアジがたんまりとありまして。なので、今日はアジではなく、カマス狙い。

午前中の千倉と同じ南房総市。でも内房に位置するこの港は、千倉方面と打って変わって平日にもかかわらず2本の堤防にたくさんの人が・・・

今でもアジが安定しているのかな、と思いつつ堤防先端に向かって歩く。

皆さんのクーラーを拝見すると、投げ釣りでシロギスを7~8匹上げている人や、ウキ釣りでクロダイを2枚上げている人がいたり、それぞれの釣りスタイルでそれなりに釣っている様子。さらに歩いていくと、たまたま僕と年齢が同じくらいで話しやすそうな人がいたので、話しかけてみると「ポツポツといろいろな魚が釣れていますよ。今の時間帯は潮が澄んでいて釣りにくいけど・・・夕方また狙えますよ。カマスも午前中に何本かあがっていたようですよ」とのこと。

おおー。いいお話、ありがとうございます。さらにヤル気UP。つまり、少なくとも夕方までいれば何かがあるよ、というわけですね。

そして、赤堤防の先端手前が空いていたので、そこに釣り座をかまえます。ちょうど先端にいたおじいさんに挨拶すると、「まだ俺は今日何も釣っていないよぉ」とのこと。さらに「でもまぁ、夕方にはアジが回って来るから。間違いねぇよ。じっと待ってりゃいいのさ」というお話も。

僕はのんびりカマス用のサビキ仕掛けを投入し、釣り開始。魚の気配はなし。

すると、先端のおじいさんが「どっから来たの?」「何を狙っているの?」などと話しかけてくるので、僕も話にお付き合い。おじいさんは冨浦の隣の館山市にお住まいとのこと。そして「館山では今の時期はどこに行っても何も釣れていないよ。だからここに来たのさ。ここならアジが釣れるから」と。「この富浦ではいろいろ釣れている様子なのに、すぐ隣の館山では全然釣れないなんて不思議ですね」と僕。「館山は半島のカドだから、今時期は冷たい潮が直接当たり続けるからじゃないんかねぇ。でも、あったかくなりゃ、館山にはイチ早くサバが来るんだよ」とのこと。なるほど!・・・こういう現場での何気ない雑談が貴重な情報になったりするものです。

アジ回遊!

その後しばらくすると、おじいさんが「ぬお。うおぉ」と声をあげて・・・

見るとおじいさんの仕掛けに着いた大きめのウキが水中に潜り込み、左右に動いている。言っていた通りアジがかかってきた。見事な黄金色のアジ、しかも25センチはありそうないいサイズ。その後、おじいさんは一気に入れ食い状態に突入。

午後3時15分。スマホで時間を確かめたので、正確に覚えている。

その時を境に堤防の雰囲気は一変。堤防の回りを見渡すとアジ狙いの人たちの竿がいっせいに曲がり、アジがあちこちであがっている。なかには「すいませーん。タモ網かしてくださーい。なんか僕のサビキにかかったアジにヒラメが食いついてきちゃって」などと隣の人にお願いしている人がいて、隣の人もそのヒラメを引き上げるのを手伝ってあげたりして。堤防がすっかりお祭りムード。

ここで僕はカマス釣りをいったん止めて、回ってきたアジを釣って、それをエサにしたヒラメ釣りをすることに。道具箱に入っていたマルキューの粉末エサのアジパワーを海水でといて投入しながら、サビキ釣りを開始。

釣れたアジ

さっそく手ごろなアジが・・・それを泳がせ釣りの仕掛けにセットして、投げ竿でドボン!

カマス・ナマコ・ウミヘビ!

相変わらず堤防はアジ祭り状態。僕はヒラメ仕掛けと並行してカマスのサビキ釣りを再開。すると、なぜかナマコが仕掛けにかかりまして。

ナメコの画像

アジが釣れてすっかり上機嫌のおじいさんが、これを見て「ふお。ナマコかい。うらやましい。ウチのカミさんの好物だよ」と。どう料理したらいいか分からない僕は迷わず「よかったら、どうぞ」とナマコを進呈。

その後、ヒラメ狙いの仕掛けに・・・ダイナンウミヘビ!!

ダイナンウミヘビの画像

そして、午後5時半ごろ。ようやくカマスの仕掛けに1匹。その後は不発。

カマスの画像

午後6時前。日がのびたとはいえ、もうすぐ真っ暗になるので、片付け開始。サビキにかかってヒラメ用にとっておいたアジが5匹、バケツの中で泳いでいたけど、それもおじいさんに進呈し、「おかげさまで楽しい釣りになりました」と挨拶。おじいさんはアジ釣りに夢中だったけど・・

千倉のサヨリ。南房総の各釣り場の視察。富浦でのアジ、ナメコ、カマス、ヘビ。おじいさんとの会話。釣果はともかく、それなりに充実した1日でした。疲れを癒すセブンカフェとあんまんを買って、ゆっくり帰宅。気に入りのR&Bシンガー、キース・スウェットの「Til The Morning」を聴きながら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする