青物釣り~南房総の磯で、イナダやショゴを狙う

穏やかな風が吹く南房総・白浜の磯で、上物狙い

アジ、大サバ、イナダやショゴ・・・何でもOKなカゴ釣り!

前日、イサキを釣ったあと車で1泊。
明けた7月22日、早朝から磯へ行き上物狙いの釣りをしました。

午前5時ごろ現地到着。

10日くらい前にこのエリアに来て、型のいいアジを釣ったし、あれから日にちも経って、ますます海の状況は良くなっているんじゃないかなと期待に胸をふくらませて磯へ。

南房総の磯
平日にこのエリアに来ると数える程度しか釣り人はいないけど、この日は祝日。
見渡す限り、けっこう人がいる。僕が入りたかった場所にも釣り師が数人。

広い磯に、全体ですでに15人~20人くらいはいる様子。

まあ、広いし、なんとかなるだろうとクルマを止めて、荷物を持って歩く。

いくつか良さそうな場所を見つける。
その中で、釣り座の沖に潮の流れに変化をもたらす離れ岩があり、しかも比較的足場がフラットな場所に釣り座をかまえることに決定。

早速、釣り開始。

南房総の磯

スタイルはカゴ釣り。

12号のカゴウキをつけて沖に投げる。

いつもながら、しばらくはアタリがない。
去年のこの時期は・・・場所は違うけど、1投目からアジが釣れたりしていたが、今年はなかなかそういう展開にならない。

開始して何も釣れない時間がずっと続くのには慣れてきちゃったな。

フグ地獄になりそうな予感があったので、この日はコマセ3段打ち作戦(カゴで沖へ、ヒシャクでやや沖の離れ岩の手前へ、ヒシャクで足元の払い出しへ)は封印。

じっくりカゴに詰めた遠投スタイルのみで釣りをする。

この日の満潮は午前5時40分くらい。
そろそろ下げ始める時間。
でも何にも釣れない。フグもいない。

魚が来てくれることを願って仕掛けを投げ続ける。それしかやることがない。

風が強くならないかな、波がもう少し強くならないかな、少しの時間だけ雨がザーっと降ってこないかな・・・じっと海を見ながら、何か変化が起きるのを待つ。

南房総の磯

潮目が・・・はっきりと見える

釣りを始めて3時間くらい。午前8時半ごろ。

離れ岩の左わきから手前にかけて潮のよれている部分、いわゆる潮目が「くの字」になってクッキリと出ているのに気づく。

クッキリした潮目

もう少し沖を狙っていたのだけど、ここに集中して仕掛けを入れることにする。

その潮目に仕掛けを集中させて30分くらいして・・・その時が。

ウキがまっすぐにストンと水中へ消えて、竿先がギュイーンと曲がる。

おお、何かかかっている。フグじゃないね。

なかなかの引き。泳ぎが速くて、力強い感じ。ソウダガツオかなと思った。

ハリがしっかり口にかかっているようで、バラシの心配がなさそうだったので、途中から強引に寄せる。

イナダ・・・じゃなくて、それよりもう少し小さい個体。

釣れたワカシ

ワカシでした。

貴重な釣果。さっそく血抜きする。

釣れたワカシ

まだ、いるのかな、と期待して釣りを続ける。

でも、まったくアタラない。

潮目も消えてしまったので、今度は離れ岩のわきのサラシのすぐ横に仕掛けを集中する。

アタリは・・・その後もなし。

午前11時半。
気が付けば、すっかり潮が引き、それまで見えていなかった沈み根もけっこう見えている。

ここで一度、納竿。

結局6時間以上釣りをしていて、アタリはワカシが釣れた時の1度だけ。

アジもサバもいない。フグさえも。

ボウズをのがれたからヨシとすべきなのだろうけど、物足りない感覚。

その後、磯にいた釣り師さんたちや現地の釣具店で話を聞いた限りでは、アジもなかなか釣れていないらしい。
どうも海の状況は10日前よりも良くなっているのではなく、その逆方向になっている様子。

周辺の直近の情報を収集してみて、今回たまたま釣れたワカシもかなりラッキーだったんだなとしみじみ思いました。

次回、陸っぱりで釣りをする際に場所選びに悩まされそうな気がしてきます。

昼休憩の後は船形へ

白浜の磯での釣りのあと、食事休憩。
まだ、コマセも残っていたし、物足りなかったので、午後は船形の堤防へ。

船形の堤防
アジ狙いのサビキ釣り。

ところが、多少の濁りはあるものの鏡のようにナギている。

結局、この堤防では4時間あまりの釣りで、ウルメイワシが1匹(リリース)。

釣りをしている最中に底の方から茶色の物体がフワッと現れて、またゆっくりと潜っていくのを見た。ヒラメでした。

近くにいたクロダイ狙いの釣り師さんの話では、
「ヒラメやマゴチはけっこういるみたいだよ」とのことだったけど、本当でした。

釣れたイワシを泳がせにして、狙ってみたかったけど、その道具がなかったので後悔しても後の祭り。

実際にイワシ、ハゼ、メゴチなどがポツポツ上がっていたので、1発大物狙いはできるかもしれない雰囲気でした。

ということで・・・午後の釣りは、ほぼボウズで終了となりました。

この日は、早朝からの磯釣り、午後からの堤防釣りの合計10時間以上竿を出したけど、結局アタリはワカシを釣ったときとウルメイワシを釣ったときの2回のみ。

釣りは、おもしろいけど、難しい!

また、次回出直しです。

車中泊による1泊2日の釣り紀行の釣果は・・・

イサキ10匹&ワカシ(37センチ)1匹

イサキとワカシの釣果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする