青物五目釣り~千葉・外房から船に乗って沖釣りを楽しむ

すばらしい船釣り体験~太夫崎港の八平丸

良好な海況で青物ラッシュ!

10月25日、久しぶりに船釣りをしました。
今回は息子も同伴しての釣り。

お世話になったのは、太夫崎港から出港している八平丸さん。

八平丸

以前から知り合いにこの船の評判を聞いていて、一度乗ってみたいと思っていました。
急きょ、船釣りに行くことになったため、席が取れるか心配だったけど、うまく最後の2席が空いていて乗船できることになりました。 ラッキー!!

朝5時集合。
この日は満員で、10人の釣り人が乗船。
皆、あわただしく準備したり、船から渡されたオキアミのブロックを解凍したり。

八平丸

そして、予定通り6時に出航。

八平丸

釣り場までは10分とかからない。

船長から指定されたタナに合わせて仕掛けを落とす。

この日は、ビシという大きなカゴとオモリが一体になったものを使う釣り。

ビシを使った釣り

つけエサ、コマセはともにオキアミ。

エサのオキアミ

しばらくすると、隣にいた息子の竿がググーっと曲がる。

水面まで魚を引き上げた息子に代わって、僕がハリスをたぐりよせて引き上げたのは・・・

釣れたイナダ

イナダ! なかなかの型。

そして、僕の竿にも小ぶりなイサキが釣れてくる。

その後も船中でイナダやマダイ、イサキなどが釣れ始める。

船長のタナの指示も明確。
同じポイントでも20メートルの指示の後、「少し上がってきているので、タナを18メートルに上げてください」と具体的な数字で指示してくれるので分かりやすい。

移動しても5分くらいで次のポイントに到着するので、乗っている時間はほとんど釣りができるのもうれしい。

ソウダカツオ&スマカツオの群れが・・・

釣りを始めて2~3時間後くらいからソウダガツオの群れが入ってきて、やはり船中でも釣れ盛り始める。

釣れたソウダガツオ

今年は一度も陸っぱりでは釣ることができなかったソウダガツオ。

息子の竿にも僕の竿にもかかる。
2匹がけもあり、どんどん増えてしまうので、途中から小さめのものはリリースしていく。

この時間から海中にコマセが効いてきたのか、型のいいイナダやイサキもどんどん釣れる。

釣れたイサキやイナダ

相変わらずソウダガツオも釣れているけど、僕や息子の仕掛けにはスマガツオがかかってくれない。

それでも楽しい。
久しぶりに青物の強い引きをたっぷり堪能する。

そして、それまで船の中でポツポツと釣れていたマダイが僕の仕掛けにもかかってくる。
ただし、小ぶりだけど。

気が付けば、クーラーが満杯。

満杯のクーラーボックス

そして、午前11時ごろ予定通りに釣り終了となり、無事に港へ。

八平丸

本当に楽しい釣りになりました。
息子自身はマダイを釣ることはできなかったけど、イナダやソウダガツオがたくさん釣れて大満足の様子。
船酔いしなくなったこともうれしかったようでした。

船長の鈴木さんは本当に温和な人で、お客さんを飽きさせることがなく、ほとんどの時間で釣りができました。

お世話になりました。ありがとうございました。

この日の釣果(2人の合計)

すばらしい釣果

マダイ、イナダ、ソウダガツオ、イサキ。

釣れたイナダ

残念ながら僕たちはスマガツオは釣れなかったけど、同乗した釣り師さんと下船後に話したら3匹釣れたと言って喜んでおられました。うらやましい。

また、イナダより小さなワカシクラスの魚やイサキ、ソウダガツオの小ぶりなものはかなりの数リリースしました。

ちなみに、イナダを専門的に狙っていた人はツヌケするほど釣れたようです。

その他、船では大型のハタやベラなども釣れていて、とにかく皆さんそれぞれが楽しんでいるようした。

天気も良く、すばらしい釣り体験となりました。

陸っぱりからの釣りでもこの日と同じくらい確実に青物を釣りたいなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする