外房勝浦でアジ釣り~夕まずめの入れ食い堪能

外房の釣具店回りの後、勝浦でアジ釣り

まずは、外房の釣具店回り

10月3日、千葉市内で午前中いっぱいの仕事が終わり、そのまま房総(外房)へ。

先週は館山でのボランティア活動に参加後、南房総と館山の釣具店回りをして、お話を聞きつつ、救援物資を届けたので、今回は外房の釣具店をメインに巡回。

いすみ市、勝浦市、鴨川市のお店を回りました。
外房は館山~南房総~鋸南町ほどの被害を受けなかったようで、回ったお店はすべて通常通り営業していました。

お店の人たちの話では、台風の1週間後くらいには、すでに通常通りに釣り人も来ているとのこと。何はともあれ、ひと安心。

途中、釣り場を少し見学したところ、確かに平日にも関わらずそれなりに釣り人はいました。

ただ、外房黒潮ライン沿いの飲食店などはカンバンが破壊されているところもあり、こちらでも台風の傷跡は見て取れる状況でした。

全部で4件のお店を訪問したけど、最初に行ったいすみ市の釣具店で、「今、このあたりではアジが釣れているよ。夕方に時間があるなら、やってみてくださいよ」との情報をいただき、久しぶりに少しだけ釣りをして帰りました。

勝浦市内の堤防で、夕まずめの短時間勝負

そして、前述の釣具店でおすすめされた堤防へ。

勝浦の堤防

10月になり、日が短くなってきたことを実感することが多くなりましたね。

勝浦の堤防

まだ明るい時間から竿を出したけど、少しずつあたりが薄暗くなってきて・・・

でも、何も起こらない。魚の気配なし。

いよいよ夕まずめ時・・・午後5時すぎ。

すると、いきなりカゴウキがスポッと沈み、竿がギュイーンと曲がる。

おおっ!来た!いきなり来た!

上がってきたのは、釣具店の店員さんのお話通りアジ。

大きさは15センチくらい。ちょっと小さめ。でも、いい色。
やっぱり房総のアジはきれい。

勝浦のアジ

群れが入ったようで、その後は一気に入れ食い。

久しぶりの釣りで、しかも慣れない場所で薄暗かったので、バタバタと大忙し。

勝浦のアジ

午後6時ごろまでの1時間で釣りあげたのは24匹。バラした魚は5~6匹。

外房で釣れたアジ

一番大きいのは24センチでした。

仕事やプライベートな用事、台風15号の影響、その後のボランティア活動などで、1カ月半ぶりの釣り。トータルでわずか2時間弱の釣りだったけど、楽しみました。
活性が高いのか、小さいアジも引きはなかなか。

ちなみに、近くにいた釣り師はアジに混じって、シマアジが2匹釣れたと言って見せてくれました。うらやましーい!

今回釣れたアジは、タタキ、南蛮漬け、そして骨はフライにしていただきました。

アジのタタキ

アジの南蛮漬け

アジの骨フライ

やっぱり房総のアジは、ウマい!
久々だったから、特にそう思いました。本当にウマい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする