釣り場近くのウマい店! 勝浦・中華「あまからや」

釣り場近くのウマい店! 勝浦・中華「あまからや」

勝浦港近く。本格中華のウマい店!

勝浦港から出船している「勝丸」さんに乗って沖釣り(ヤリイカ、スルメイカ、サバ)を楽しんだ後、勝浦市内の中華レストラン「あまからや」で昼食をとりました。

勝浦「あまからや」

平日だったけど、ちょうどお昼時だったせいかお店の前に何人か待っている人がいたり、お店の専用駐車場もすべて車がとまっていた。お店のことは事前に知人に聞いていたけど、やはり繁盛している様子。

そのため、少し時間をつぶしてから再度お店へ。

すると、今度はすんなり車もとめることができたし、お店にも入ることができた。

店内は4人掛けのテーブル席が4つ、奥の座敷にも4人掛けくらいのテーブルが2つ。

接客担当の明るい女性(話し方からして、中国の人らしい)がお水を持ってきてくれた。

僕はメニューを見て、ターローメンを選び、春巻きとライスも合わせて注文。

こちらのメニューはすべて最初に漢字のみの表記で書かれていて、分かりやすいようにカッコ書きで日本語での料理名が書かれてある。

たとえば、古老肉(スブタ)とか、紅焼肉(豚肉の角煮)、八宝(五目あんかけ)など。

つまり、かなり本格的な中華料理店なのだろう。

何しろハラヘリだったので、さらに期待が高まる。

しばらくすると「はい、おまちどうさま」と言いながら、先ほどの明るい女性ができたてアツアツの料理を持ってきてくれる。

こちらが大肉麺(ターローメン)↓↓

「あまからや」のターローメン

早速いただく。

スープは一見こってりしてそうだったけど、意外にさっぱりとしていて、しっかりとダシがきいていてうま味がある。

麺は中太のちぢれタイプでスープがからむのでとてもウマい。

そして、この豚の角煮。

「あまからや」のターローメン

これが本当に柔らかくて、いつのまにか口の中でとろけてしまうような肉。
すばらしくウマい。

それから、春巻き↓↓

「あまからや」の春巻き

3つも注文しちゃって少し重たかったかなと思ったけど、意外とあっさりした口あたりで食べやすかった。

ちなみに、画像にはないけれどライスは普通サイズでもかなり多めになっていたし、キュウリと大根のお漬物がちょうどいい塩加減でとても僕の口に合うものだった。

知人に「あまからや」さんの話を聞いていたけれど、なるほど確かに本格的な中華で、おいしいお店でした。

ごちそうさまでした。おいしくいただきました。

お店の紹介

中華「あまからや」

勝浦「あまからや」

千葉県勝浦市勝浦37-6

TEL 0470-73-1450

営業時間
AM11:00~PM2:30

PM5:00~PM10:00

火曜日 定休

駐車場はお店の裏の大駐車場の中に3台分あり。また、お店の前にも駐車可とのこと。

コロナウイルス感染予防対策のため、営業時間が変更となっている可能性があります。

ご利用になる場合は、詳細をお店にお問い合わせください。

なお、メニューはラーメン類、チャーハン類などの定番中華の他、前菜・おつまみ、揚げもの、オコゲ料理、麺や飯各種、料理長のおまかせコース料理など、多彩で本格的な中華料理がラインナップされています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする